登山用レインウェアの選び方

登山用レインウェアの選び方

登山用のレインウェアはかなり高価なものです。

初めて登山用にレインウェアを購入しようとする方はビックリされるかもしれませんが、上下揃えるとなんと5万円以上するものもあります。

そこで、失敗しないレインウェアを選ぶポイントをまとめてみました。

まず機能性ですが、防水性がしっかりしているのは言うまでもないことですが、山登りというのは大量の汗をかくため、一番問題になるのが「蒸れ」です。
通気性の悪いレインウェアでは汗が蒸発せず、汗冷えで体を冷やしてしまうことになります。

防水性・透湿性が優れているのは「ゴアテックス」と呼ばれる素材で、知名度が高く少し値は張りますが、ゴアテックス素材のレインウェアを選べば間違いないでしょう。

次に、軽さも山登りには大切な要素となります。

特に、女性の場合は荷物の重さで体力の消耗度も大きく変わってくるので、できるだけ軽量のものを選ぶことをおすすめします。

価格の目安としては、山行の頻度も多く、今後長く続けようと考えている方は3万円以上の耐久性のあるものを選ぶといいでしょう。
また、年に数回程度の登山を予定している人は、まずは2万円前後でジャケットとパンツを揃えてみてはいかがでしょうか。

最後に、アフターケアについてですが、メーカー保証の付いているレインウェアもありますが、補修用ゴアテックス生地のパッチが市販されていたり、縫い目裏のシームテープも販売されているので、ほとんどのメンテナンスは自分でできると思います。
しかし、ファスナーの修理など自分ではどうしようもない修理が必要になった時に、アフターケアの手厚いメーカを選んでおくと心強いと思います。

レインウェア活用法

雨天時には、もちろん活躍するレインウェアですが、雨天時以外でも山では大活躍してくれます。
天候が急に変わりやすい登山では、雨具は必携品で、防寒着としても利用できます。

特に、防水透湿性素材のレインウェアなら、雨だけでなく風も防ぐのでどんな天気でも重宝します。
ちょっと肌寒く一枚プラスで羽織りたい時に着用するのもOKです。
山に登る時は、常にザックの中に忍ばせておきましょう。

登山では、標高が高くなるにつれて気温が低くなるため徐々に重ね着をしていくことが重要で、これを「レイヤード」と呼びますが、そうして少しづつ重ね着をしていって最後に着るのがレインウェアとなります。
そのため、レインウェアを選ぶときには実際に試着してみて、自分の体型より少し大きめを選ぶようにしましょう。

防水透湿性素材のレインウェアを購入するとなると数万円はするので、山登りだけのために購入するのはもったいないとお考えの方は、普段の通勤、通学時に利用されてはいかがでしょうか。

日頃の通勤や通学時に雨が降っている時はもちろん、自転車通勤などによって汗をかいてしまう方にも、透湿性のある素材を使ったレインウェアはおすすめです。

また、富士登山のためにレインウェアを考えている方にも、必ず用意して欲しいアイテムです。
もし雨が降っていなければ、レインウェアは八合目くらいから着るのを目安にしてください。
五合目ではちょっと肌寒いくらいでスタートし、その後、ナイロンパーカーやフリースなどを重ね着します。
そして最後に、防風を兼ねたレインウェアを着用すると良いでしょう。